So-net無料ブログ作成

TOYOTA 86GRMNで初の樹脂ウィンドウ!! [自動車]

トヨタ 86 GRMN に豊田自動織機の樹脂ウインドウ採用!!

yjimageZ5XOUVV0.jpg

豊田自動織機は、新開発の樹脂リアウインドウ樹脂クォータウインドウがトヨタ自動車の『86 GRMN』に採用されたと発表しました。

ポリカーボネートを採用し、現行比約50%の軽量化を実現したといいます。樹脂クォータウインドウは、耐傷付き性を大幅に向上させた新ハードコーティングで、樹脂リアウインドウは、世界初となる曇り防止用熱線入りとなっています。

一般道からサーキットまで「道を選ばない走り」「誰もが気持ちいいと感じる走り」を追求し、クルマ好き、クルマファンに向けて「クルマの夢」と「走る楽しさ」を提案する台数限定モデルを発表しているTOYOTA GAZOO Racing

そのTOYOTA GAZOO Racingがニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦の経験を生かして開発したというコンプリートカーが86 GRMNです。

コンプリートカー86 GRMNは、商談申し込みが2016年1月4日(月)から1月22日(金)までの19日間、Web限定で受け付けていました。抽選により、2月1日から全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じ100台限定で発売されたものです。

なお、生産については、元町工場の専用ラインを使用し、「匠」の技能を有する従業員が組み立てています。

ボディサイズは全長4290×全幅1775×全高1300mmで、ホイールベースは当然同値ながらCFRP製エアロパーツにより若干全長が長くなっています。

ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャインのみで、ブラック基調のボンネット、ルーフパネル、トランクリッド、大型リヤスポイラーに炭素繊維と樹脂との複合材料であるCFRP(炭素繊維強化プラスチック)が採用されているほか、先ほどのリヤウインドウとクォーターウインドウを樹脂製(ポリカーボネート)にすることで軽量化も図られています。内装はレッドのアクセントがかなり効いていて、スポーティムードは満点です。

そのほか、トランクなどボディ各部への補強をはじめ、専用チューニングサスペンションを搭載していて、

フロントには、専用倒立式ダンパーで、車高調整式/減衰力調整式+高強度軽量コイルスプリング、

リヤには、専用ダンパーで車高調整式/減衰力調整式+高強度軽量コイルスプリングとなっています。

撮影車両のタイヤは、ブリヂストンの「ポテンザ RE71R」で、フロントが215/40R17 83W 、リヤが235/40R17 90Wが装着されています。

219馬力カーボンパーツのトヨタ86GRMN
価格は、648万円の100台限定車です。

TOYOTA GAZOO Racingは2012年、 TOYOTA 86でニュルブルクリンク24時間レース へ参戦し、 デビューイヤーにしてクラス優勝を果たしました。

それがこちらです。
http://gazooracing.com/pages/grmn/86/#!/



ヘアケア育毛発毛サプリメント【GUNGUN(ぐんぐん)】

キャピキシル配合ならザスカルプ5.0c









スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。