So-net無料ブログ作成
検索選択

ランエボで磨いた技術!! [自動車]

三菱車の雪道走行、電気とSUVで勝負!!

yjimage[5].jpg

このところ、ニッサンやレクサス、トヨタ、スバルマツダといった各メーカーが、こぞって雪道走行の記事を掲載していたり、車専門誌がインプレッション記事を載せたりしています。

そんな折、ようやく、三菱が出てきました。

新しく就任した相川社長は、矢継ぎ早に新路線への舵取りを急いでおり、「電気とSUVで勝負する」と発言しています。

僕が思うに、三菱は、4WDの覇者だと思うのです。
その理由は、まず、パジェロが挙げられます。

雪道に限らず、どんな状況でも難なくクリアしていけるような印象を持っているからです。
また、高級SUVとして、君臨していましたから。その当時、SUVという言葉はありませんでしたが。

それから、現役引退しましたランエボですね。

このランエボが数々のレースで戦い、勝利したことで4WD技術では先行するメーカーであることを印象付けました。

僕もかつて、友人の所有するランエボに乗せてもらい、雪道の中、頂上の温泉地までドライブしたことがありました。

その時の感動は、衝撃的でした。除雪されていない、深雪の状態でも横滑りやハマることがなく、すんなりと登ったのです。

こいつ腕を上げたのかと思っていたのですが、本人いわく、僕の腕じゃなく、この車の性能だよ、この車の4WDは、最強だね、とほほ笑んでいました。

そうゆうこともあって、僕は、三菱の4WDは高度な技術に支えられているのだなと思いました。

現在の三菱は、今、PHEVなるEV車のアウトランダーが好調です。
アウトランダーPHEVには、前後の独立したモーターが駆動力を電子制御で配分します。しかも、左右にも適切に分け与えるのです。そんな先進技術も投入しています。

つまり、今の三菱の得意とするのは「4WD技術」ではなく、「AWC技術」なのだそうです。
つまり、4輪駆動を適切にコントロールする「AWC(オールホイールコントロール)」だということです。

この技術は、ランエボで磨かれ、左右後輪の駆動力を適切に配分する「AYC」や
曲がりたいときにフリー旋回を優先させ、曲がりすぎるときには、センターデフのLSD効果を与える「ACD」。

さらに、加速中でも、旋回を容易にするためにフロントタイヤの内側にブレーキをかけ、自由自在に姿勢をコントロールする「ASC」。

また、ブレーキング時に適切に配分する「スポーツABS」。

それらをまとめた総称で、それを総合して「S-AWC」と呼んでいるのだそうです。

今、三菱の主力は、EVやSUVに移行しています。

これら主力車両をモーター駆動することによって、さらにランエボ磨かれたAWC技術が生かされるのだといいます。

各車輪にモーターを内蔵し、インホイールモーターとすることにより、進化したAWCが完成されるのだそうです。

さすが、三菱といったところでしょうか。

これからの三菱のさらなるAWC技術に注目したいですね。



ヘアケア育毛発毛サプリメント【GUNGUN(ぐんぐん)】

キャピキシル配合ならザスカルプ5.0c









スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。