So-net無料ブログ作成
検索選択

Audi A4 新型 2016 [自動車]

Audi A4 8年ぶりのフルモデルチェンジ!!


Audi A4.jpg

未来の自動運転に限りなく近いドライビングは、Audi独自の最先端予防安全システムから
新型Audi A4には、様々なシーンで運転をサポートする先進的なドライバーアシスタンスシステムを搭載。より安全で快適なドライビングの実現!

まず、
トラフィックジャムアシストとは、

0km/h-65km/h走行時に、ドライバーのステアリング操作をアシストします。
走行区分線や周囲の建物、隣車線や前方を走る車両を感知し、その情報からシステムが走行路を判断し、車両を導きます。
前走車に合わせて加速、減速、ステアリング操作までアシストします。
周囲の状況を感知し、システムが走行路を導きます。

Audiプレセンスシティは、

クルマや歩行者をシステムが感知し、衝突の危険をドライバーに警告。時にはブレーキも作動、回避アシスタンスも働きます。

ターンアシストは、

右折時のドライバーの死角も、レーダーがしっかり監視。大型トラックの背後の小型対向車も感知します。システムが危険を察知した場合、ブレーキを自動的に作動します。

最も話題なのが
パークアシストです。

駐車のステアリング操作は、システムにおまかせ。適切な駐車位置をセンサーが感知し、ドライバーをアシストします。
しかし、これについては、駐車位置に直線に止めなければいけないようです。直進でしか駐車できないようです。改善されると思いますが。

また、
新開発エンジンは、従来比33%アップの燃料消費率を実現したと言っています。

フロントドライブ(前輪駆動)モデルは、デュアルインジェクションやターボシステムなど、Audiの技術を結集した新開発エンジンを搭載しています。

190PSと高出力でありながらリッターあたり18.4km(2.0 TFSIモデル)と、2ℓのガソリンエンジンではトップレベルの燃料消費率を達成しています。

さらに、7速Sトロニックトランスミッションやボディのエアロダイナミクス、車両の軽量化なども燃費向上に貢献しています。(2.0 TFSI quattroモデルの燃費は、15.5km/ℓとなります。)

価格は、2.0 TFSI S tronicで547万円からとなります。

詳細は、Audiサイトで確認してください。
http://www.audi.jp/a4avant/index.html?utm_source=gdn_inm&utm_medium=pc&utm_content=a_03_183&utm_campaign=avant



ヘアケア育毛発毛サプリメント【GUNGUN(ぐんぐん)】

キャピキシル配合ならザスカルプ5.0c









スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。