So-net無料ブログ作成
検索選択

トヨタ「C-HR」の魅力とは!? [自動車]

トヨタ「C-HR」のデザインは何が魅力的なのか !?

crh.jfif


今年12月に発売予定のトヨタ自動車の新型クロスオーバーSUV「C-HR」が発売前から注目を集めています。

報道関係者向けのプロトタイプ試乗会が特設コースで行われたばかりで、実車に触れた人はまだ少ないのに、これだけ注目を集めているのは、なぜでしょうか!?

デザイン改革の原動力

シャシーは新型プリウスから始まった、トヨタのクルマづくりの構造改革「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」のCプラットフォームを採用。新型プリウスが象徴しているように、トヨタの最近のデザインは、好き嫌いがはっきり分かれるほど個性を前面に出しています。
tng.jfif
1994年に発表した「RAV4」は、横置きエンジン前輪駆動乗用車のパワートレインを活用したクロスオーバーSUVというパッケージングを世界に先駆けて世に問い、このクラスのスタンダードを作り上げました。しかしRAV4はその後、北米市場に合わせてサイズアップ。国内での販売を中止となってしまいました。
rav4.jfif
一方で、2010年に日産自動車が「ジューク」を送り出し、斬新なデザインが受けて日本や欧州でヒットしました。2013年にはホンダが、フィットをベースとした「ヴェゼル」を登場させています。2015年度の国内SUV新車販売台数第1位はこのヴェゼルが獲得ています。
ju-ku.jfif
vezeru.jfif
ジュークもヴェゼルも、国産車としてはかなり思い切ったデザインの持ち主であり、それが好調の理由のひとつになっているのでしょう。このカテゴリのパイオニアであるトヨタが主役の座に返り咲くためには、それ以上の個性が必要だと考えたのかもしれません。

日本仕様のC-HRは、1.8リッターエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド2WDの標準グレードSと上級のG、1.2リッターターボエンジン4WDのS-TとG-Tという4グレード構成になります。
crh7.jfif
アルミホイールはS/S-Tがシルバー塗装17インチ、G/G-Tが切削加工18インチとなり、G/G-TにはオプションでフルLEDヘッドランプ/リアコンビランプが用意されています。
crh2.jfif
前述のプロトタイプ試乗会にはGとS-Tが用意されたようです。

メリハリのあるスタイリング

まず目に入るのは、やはり引き締まったボディに対して張り出したフェンダーの存在感。この造形のモチーフはダイヤモンドだといいます。なぜダイヤモンドなのか。
crh10.jfif
「タイヤを張り出させるアイデアとしてダイヤモンドを着想。通常のクルマのボディは上から見ると四角形ですが、これを45度回転すると、前後が尖った菱形になって、タイヤが4隅に張り出します。これがダイヤモンドモチーフの原点です。」と。
chr8.jfif
タイヤの存在感も強烈だ。C-HRの全高は1550mmとクロスオーバーSUVとしては低めなのに対し、タイヤの高さは690mmもあり、全高の44.5%に達します。ライバルを上回るこの比率も存在感に貢献しているようです。

フロントマスクは、トヨタが世界展開車種に採用している、「キーンルック」と名付けたシャープな目つきを導入していますが、キーンルックはC-HRのために準備されたのではないかと思えるほど決まっています。リアコンビランプもブーメラン型とすることで大胆に張り出しています。

ここまでメリハリのあるスタイリングは、いざ作るとなると苦労するでしょう。

リアドアを開けるためのオープナーをピラーに内蔵したのはキャビンをクーペっぽく見せるための技で、ライバルになる日産のジュークやホンダのヴェゼルも採用しています。
crh5.jfif
ただしC-HRはライバル車と違い、オープナーを横向きとしています。最初は不思議な印象ですが、実際に手を掛けると開け閉めしやすいレイアウトであることです。

ボディカラーは新規開発色として、メタルストリームメタリックと呼ばれるシルバーとともに、ラディアントグリーンメタリックを入れています。

ダイヤモンドのモチーフで統一感を演出
 インテリアは3種類の素材を重ね合わせることで広がり感を表現しつつ、メーターやモニターディスプレイ、エアコンスイッチなどをドライバー側に向けることで一体感をも醸し出しています。
crh11.jfif
素材と色は、S/S-Tがブラックファブリック、 G/G-Tはブラウンのレザーとファブリックのコンビとなる。欧州向けに用意されている、ブルーのアクセントラインが鮮烈なブラックインテリアは、日本市場の特性を考えた結果、導入が見送られたようです。

インテリアでもうひとつ特徴的なのは、ステアリングスイッチ、エアコンスイッチ、マップランプ、ルーフライニング、ドアトリムなど、各所にダイヤモンドのモチーフを取り入れていることです。
crh4.jfif
統一感を演出すると同時に大人の遊び心を表現したとのこと。同様のモチーフは欧州車では見られるが、トヨタでの投入は珍しいといいます。

大胆なフォルムの内側には、小さなこだわりがあちこちに隠されています。そんな部分も含めて、発売前から多くの人の気持ちをつかんでいるのかもしれないですね。



ヘアケア育毛発毛サプリメント【GUNGUN(ぐんぐん)】

キャピキシル配合ならザスカルプ5.0c









スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。